行動力をつけたい

行動について

アイデアは浮かぶが行動に移せない。

いつまで経っても、行動しない自分に嫌気がさしている。

実行できない要因

・考え過ぎている
自尊心のあまり、失敗を恐れている。

・アイデアが整理できていない
良いアイデアが思いついたと思っても、実は半年前にも同じことを考えていたなんてことが起きている。頭の中が散らかっている。毎日鍵のありかを探している様なもの。

・ムダな行動が多い
時間は限られているのに同じことを永遠考えている。行動すればするほどやりたいことに使える時間は増えると思われる。

・面倒ごとを後回しにしている
頭の容量を〇〇までに終わらせなければいけないことで使ってしまっている。

・目標が高い、もしくは先すぎる
考え過ぎて2年後3年後の理想像を明確に決め過ぎて軌道修正が効かなくなっている。行動力を高めるにはある程度、脳の柔軟性も必要。目標は、直近ほど明確に、遠いほどぼんやりと。

・感情が置いてけぼり
時間の設定や、目標の設定に自分の感情が含まれていないため、無理が祟って3日坊主で終わる。

・行動する内容がぼんやりしている
何をするかは明確になっていないと実際にはできない。

行動

「メモを毎日つける」

・なんでもいいから毎日やる→メモ
毎日やることで、先すぎる視点を直近に向けさせる

・日々のメモからテーマごとに抽出して書き直す
頭の中を整理整頓、客観的に見れるようにするため、文字に起こす。

・感情からメモ始める
目的を明らかにするため、なぜやりたいのかと云う感情から始めることで、継続しやすくなる?

メモのルール(仮)

  1. 発見
    日々思ったこと、感じたことをダラダラ書く
    記録を重視し様式美を一切無視する
    →「雑記(スマホのメモ+むつの書斎)」
    →観察力「はらわた」
  2. 感情
    不満や”したい”をタイトルに
    感情を文字にして意識する
    →「覺え書(むつのアトリエ)」
  3. 分類
    ①〜③のどれに当てはまるか選ぶ
    ①発生型:現在起きている問題への対処
    ②潜在型:将来起こりうる問題への対処
    ③設定型:求める理想への道筋
  4. 原因と解決策
    クリティカルシンキングを用いてメモる
    考えを行動に変換する
    A. 目的地(目的の選定)
    B. 現在地(現状の把握)
    C. AとBの距離(乖離度合い)
    D. Aに近づく行動案(すべき行動)
    →「覺え書(むつのアトリエ)」
  5. 行動
    行動を反映した発信(説明しない)
    →「むつの日々」
  6. 評価
    説明を加えて行動を記録
    行動案で目的達成できたか(成果の確認)
    1に戻って解決できるまでループする
    →「ブログ(むつのアトリエ)」VLOGの説明

    ※一回のループで解決を狙わず見切り発車が続けるコツ

解決済み

ブログに自分がアクセスがカウントされる

内部トラフィックを除外する(スマホ・PC)

→スマホは「AdFilter」、PCはアナリティクスのフィルターで除外。

▼AdFilterの設定について
参考サイト:GoogleアナリティクスのIP除外設定

#memo
スポンサーリンク
むつをフォローする
むつのアトリエ
タイトルとURLをコピーしました