むつが好きな曲だけで作る「人生のプレイリスト」

woman 未分類
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、むつです。

今回は私の人生のプレイリストを、紹介します。

Time Machine / Six Part Invention

Six Part Invention – Time Machine (Official Music Video) Philpop 2013

この曲は世界中で一番好きと言ってもいい曲。

洋楽やフィリピン音楽に聴き始めた、きっかけの曲でもあります。

今まで私が聞いた中では最高の曲ですね。

歌詞は「あなたと過ごしていたあの頃に戻りたい、タイムマシンがあるのなら」という内容。

テーマは正直、ありきたりです。

でも、今まで何度も「あの頃もっと彼女を大切にできなかったのだろう」と思い悩んできた私にとって、この曲との出逢いは必然だったのかもしれません。そのくらい私の人生を表現するのにはぴったりな曲でした。

これからも、ずっとお気に入りの曲です。

ホワイトアウト / reGretGirl

reGretGirl 「ホワイトアウト」 Music Video

一番愛した人を失いながらも、友人の『新しい恋が見つかれば、忘れられるよ』の一言で、立ち直り新しくできた彼女。

でも、100%忘れられなくて中途半端に接してしまった。

今振り返ると一番情緒が不安定。長文のLINEを送ってしまったり、とにかくイタくてヤバかった。

そんな私の体験が歌詞で書き起こされているような、ストレートでリアルな曲。

この曲をループして聞き出したら、「このままじゃいけないよ」と、動き出す合図です。

僕から君へ / Bentham

Bentham / 僕から君へ【MV】

聴くたびに思うのです。

誰かにすがっている時ほど、惨めなものはないと。

付き合っている間は、文句や愚痴ばかり言って、別れたら後悔ばかりしているのです。

そんな繰り返しがいかに、他人から惨めに見えるのか。

客観的に自分の恋をみられるようになった。向き合うことができるようになった。

そんな、きっかけの曲です。

Magic In The Air / MAGIC SYSTEM Feat. Chawki

MAGIC SYSTEM – Magic In The Air Feat. Chawki [Clip Officiel]

Allez,allez,allez

うまくいかず、あまりにも落ち込んでしまった時、半ばやけくそになってこの曲を歌っていました。

多かったのは、主に通勤。車の運転中です。

人目も気にせず、ノリノリで。

当時はこんなにノれてるのが怖いくらいでした。

あ、もちろん安全運転はしてますよ。

向日葵 / manaco

manaco / 向日葵 (Official Music Video)

この曲はひそかに片想いしていた、クラスで人気の女の子が、ある日、突然自殺してしまう曲。

この曲が不思議なのは、落ち込みたい時に聴きたくなるのではなくて、がんばりたい時に聴きたくなるところ。

それはきっと、manacoさんが日々積み重ねている努力だったり乗り越えてきた苦労が、人柄が、滲み出ているからだと思います。

事実、この曲がきっかけで、踊ってみた動画、次に紹介する曲やお気に入りのYouTubeチャンネルに出逢えました。

すごく魅力的で、とても惹きつけられる、素敵な曲です。

アルカライト / Q’ulle

Q'ulle / 「アルカライト (from avex 1st Album)」 Video Clip

一つ前でも触れましたが、『向日葵』との出逢いによって知った曲です。

普段からカーステレオで流していたのですが、片想いしていた相手に告白してフラれた日の帰り、不意にこの曲が流れて、号泣したのは今でも忘れられません。

この曲のおかげで失恋のショックが少し和らぎました。

落ち込みたい時、浸りたい時にはもってこいの曲です。

ただ、PVに出てくる児島さんを見ると、なぜかちょっと笑ってしまいます。

ふたりの世界 / あいみょん

あいみょん – ふたりの世界 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

『マリーゴールド』や『君はロックを聴かない』も大好きですが、あいみょんの中ではこの曲が断トツで好みです。

「いつになったら私のことを嫌いになってくれるかな」

この歌詞の意味が本当にわかるまで、女心を理解できる日は来ないんだろうなと突きつけられるくらいに、私の頭には存在しない価値観でした。

独り身の時はいないなりに、彼女ができたらいるなりに、全く違う種類の何かしらの悩みを抱える。幸せってなんだろうな。

キラキラ / aiko

aiko- 『キラキラ』music video

この曲を聞くと、本当に結婚したくなる曲です。

惚気ってすごく難しいと思います。恋バナって失恋だったり、成就する前だったりが一番相手が興味を持ってくれているので話やすいです。

だからこんなにも、まじりっ気のない真っ直ぐな「幸せ」を突きつけられると、嫉妬なんて感情湧いてきません。

だから、aikoさんのラブソングは他とは一線画しているんだと思います。

bud guy / Billie Eilish

Billie Eilish – bad guy

この曲は一言で表すと「ビリーの生き様」です。

周りからすれば、歌い方も歌詞も曲調も映像表現も新しくて斬新に映ります。

けれど、彼女にとっては「当たり前」で「多くの中の一曲」でしかないようです。自分がしたいことを貫くエネルギーに満ち溢れた、そんな曲です。

風変わりな曲ですから、「この曲知ってる俺かっこよくない?」ってマウントにしか見えないかもしれません。

ただ、もっともらしい解説は私にはできないので、そう思われても仕方ないですね。

border / ClariS

※リンク探し中

この曲がEDテーマの『憑物語』放送されていた頃、私は人生で一番大きな失恋をしました。

相手は3年以上片想いし、4年近く付き合った、幼なじみのような関係の人です。文字通り、学生時代全てを捧げた相手です。

実はこの曲は、最近になるまであまり聞いていませんでした。自分の不甲斐なさを突きつけられているようで、悲しくなるからです。

そして最近、その彼女が結婚したと報告を受けました。

別にまた好きになるなんてありえないけれど、この曲を聞くと……

最後に

書きながら、この手の記事って、何の意味があるのだろうと。誰も求めてないですしね。ただ、本気で好きな以上、何かは伝わると思います。

違う価値観と出逢うきっかけに少しでもなったのなら、私は最高に報われます。

 

未分類
スポンサーリンク
むつをフォローする
Mutsu & Renard

コメント

タイトルとURLをコピーしました