日錄

月別

2022年4月


4 | avril

春眠に耽りたい

 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 


3 | avril

03/04 à 20:11 / 月見の里

春のお祭り騒ぎ

 露天風呂で書く内容を考える。今春は楽しみが尽きない。VTuber最協決定戦season4に神域リーグ。きっかけは湊あくあさんのソロマスと、郡道美玲さんの雑談から。伝統的な地域のお祭りも当初はもっと熱狂していたのでしょうか。怒号も飛び交っていたのでしょうか。兎も角、春のお祭り騒ぎはしばらく続きます。そろそろ配信の時間、帰らなければ。せっかくなら綺麗な画質で視聴したいですし、のぼせてしまいそうなので。

 


2 | avril

02/04 à 08:51 / 羽根谷だんだん公園

早朝の花見

 意識はレンズみたいなもので、心の持ちようで世界の見え方は変わる。街頭に咲く桜も、仕事に囚われていると、ふとした頃には散っている。日々に意識が向くと、桜が至る所で咲いていること、一眼レフを構える人の存在にも気づく。そうだ桜を撮りにいこう。日の出と桜なんてどうだろう。日が登る前、バイクに跨った。予報は晴れ。でも、あたりは暗いままだった。苦労が無意味な気もしたし、素敵な1日の始まりの気もした。

 


1 | avril

01/04 à 07:34 / 大榑川堤の桜並木

新年度、心機一転

 心機一転、日記を再開します。新年度、春休みはなくとも、粛然とした面持ち。今年度は厳しい辞令が続いた。雇われの身であるから、行けの号令一下、海外や僻地へ顔色ひとつ変えず異動する。旅立つ同僚の背中を目の当たりにして、日記を書く決意を固めた。誰からも命令されていないのに、それをやりたいと思えたから。新年度、せめてスタートくらいは前向きに。そして、素敵な出逢いがあなたの元に届きますように。

 


タイトルとURLをコピーしました